本部町も終了

琉球講談鑑賞と体験講座
第二回の本部町、町立博物館にて無事終了しました。
体験者お二人はそれぞれコント風のもの、歴史ものに挑戦され、笑いも起きたり迫力の語りに引き込まれたりで良かったと思います。
また博物館の島袋館長にもご協力いただいて、芝居ことばと本部ことばとの比較もできました。
自分自身には課題も多く、ノドの調子というかスタミナとその把握ができていない部分。
そして宜湾親方では作品中の一曲を自分で歌うという試みにをしてみたものの、残念な結果に。
これももっと勉強しないといけません。
あとは観客動員。
「しな」だの「どじん」だの話題のワードも散りばめた講談でしたが、反対派のデモが押し寄せるでもなく静かな静かな会場でした。
来てくれたお客さんには、宣伝不足だと言われるし。これも毎度の事ですが…
もっと琉球講談てものの認知度をあげることを地道にやっていかないとなのかなと





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。