野村流音楽協会組踊地謡研修

今日は11月の定例研修会でした。
研修の演目は「手水の縁」。
いつもは二本立てなのですが、なぜか今月は一本のみ。
ん〜?何でかな?集中して一つを勉強するとかってかな?とか勝手に予想してましたが、やってみて納得。
手水の縁、強敵です。恐るべしです。
こないだの具志川支部の発表会で見ては居たものの、自分でやってみるとまあ、曲も多いし、しかも難しいのーがいっぱい…
もちろん、玉砕という感じでした。じぇんじぇん出来ん…
勉強せんといかんですなあ。
写真はお昼の弁当。
400円でそば付き。
車で弁当屋さんが売りにきてくれるのですが、最近はちょっと遅れ気味。
いつもやーさしながら待つパターンになってます。

こんなディキランヌーの私ですが、まわりの研修部の方々はやさしく声をかけてくれます。
「ラジオ聴いてますよ〜」
「ブログ見てますよ〜」と。
有り難や、有り難や
月ぬ山の端に かかる迄ん
ん?ちょっと何かの歌詞に似てますね。失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。