明日の準備

いよいよ明日は首里城、「舞への誘い」の地謡です。
衣装はクルチョウハチマチというスタイル。
古典音楽の衣装というのは大体2パターンで、このクルチョウハチマチか紋付袴のどちらかです。
紋付袴はそのまんまですね、紋のついた着物と袴、いわゆる日本式の正装です。
クルチョウハチマチは琉球式というか、黒の着物にウフウービ(大帯)というパズルみたいな結び方の帯、頭には円筒形の帽子みたいなものを冠ります。
かじゃでぃ風を踊る時の衣装とか琉装の新郎新婦の新郎のスタイル、最近だとテンペストの男装の時の仲間由紀恵の格好と言えばお分かりいただけるでしょうか?
撮影ものでは経験あるのですが、おそらくクルチョウハチマチで歌うのは初めてになるんじゃないかと。
また新たな一歩になるのではないかと思います。
明日の11時、14時、16時の三回、首里城の下之御庭という無料エリアでの開催です。お時間ある方は遊びに、応援に、冷やかしに是非お越し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。