初体験しました

野村流音楽協会 組踊地謡研修部 自主公演 えにし、無事終了です。
初めての組踊地謡、とにかくヨカッタです。
“今日ぬ嬉しさや 物に例ららん…” てのはこういうことだろうな、みたいな。
とにかくとにかく、この舞台に関わった全ての皆さんに感謝です!
ド頭の”仲間節”で乙樽が出て来る所で○○○。
自分でもよく分からんような分かるような…
終わってからも特に突っ込まれなかったのでバレては無いのか?
自分からわざわざバラすことでもないかと思うので黙っとこう…
仲間節は別の人が謡うので自分はお休み。
次の長金武節からなので、ホントにただトゥルバッテるだけだったのだが…
ちょっと思い入れが強すぎたかも知れませんが、とにかくヨカッタ。
コメントで頂いていた「調弦の上げ下げ」も神が降りてきたのか、あるいは紙が降りてきたのか分かりませんがほぼいい感じ。
最後、二揚ぎの状態から揚沈仁久節で本調子に持って来る所が、ちょっとだけ弱かった感じでしたが許容範囲かと。
そこではよりによって本番でカラクイがキュルルルって超緩むアクシデントがあり、そんな中を良く戻せたかなと。
言い訳させてもらえれば、とにかく調弦に音出すなという指令。
絃を確認する音はもちろん、カラクイを回すキキキってのもNGってだったから、緩めて回す、押し込んで固定するという作業でチンダミしてたので。
許してちょうだいませ。
とにかく”組踊地謡”という初めての体験、貴重な体験をさせてもらいました。
パンフレットにもしっかりと名前が刻まれております!
歴史じゃ!
楽しくて楽しくてしょうがない
タイトルの通りですね。「えにし」
いろんなみなさん、ありがとー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。