権利侵害その後

権利侵害について、動きがありましたのでご報告します。

その前に、8/9の記事で「明日話し合いがある」としてありましたが、結局本人は現れず話し合いは行われませんでした。
保存会会長、事務局など数名で二時間半ほど待ちました。途中、会長や事務局から何度か電話をいれましたが繋がりませんでした。

その後、私から直接本人へ文書を送りました。
内容は以下のようなものです。

6月30日の琉球歌劇保存会の記念公演においての広報活動と、それに関わる一連の行為についての見解を求めます。
一、稽古風景の撮影と YouTube への公開について
二、一の動画について、6月29日の公開中止の申し入れに応じず公開を続けたことについて
三、ブログ「志情の海へ」6月29日の記事の中の、私の削除依頼の部分について
四、三の部分を削除したことについて
五、ブログ「志情の海へ」7月12日の記事「肖像権と表現の自由」について
六、五の記事を削除したことについて
七、7月31日と8月9日の琉球歌劇保存会の話し合いに応じなかったことについて

以上、シンプルなものです。

これに対して
数日後に回答が届きましたが、とても納得の行くものではありませんでした。

さてどうしたものかと考えているときに、下のリンクのように先方のブログ記事があげられていました。
リンク

私に送られてきたものとほぼ同じですが、少しカットされたり足されていたりしています。

改ざん、隠ぺいがよくあるブログなので、またすぐに消えたりするかもしれません。

最後の方には「皆様のご意見よろしくお願いいたします」とあるので、なにかコメントを寄せてあげるといいかもしれません。

私に質問などありましたらいつでもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。