権利侵害その後

6/30の公演での肖像権侵害行為についてのその後です。

一カ月過ぎましたが今のところ、勝手に映像撮影、ネット公開した当事者、ブログ 志情(しなさき)の海へ 管理者からは特に何もありません。

7/31に、保存会会長や事務局など保存会側の数人と私との話し合いがありました。
その中で8/9に、志情ブログ管理者も含めて三者で話し合いを持つということになりました。

今日がその当日でしたが、志情ブログ管理者の都合でキャンセルになり、明日に延期となりました。
本当に来て話し合いをするつもりがあるのか不安なところではあります。

7/31の保存会側との話し合いで分かったことがあります。
『志情ブログ管理者は保存会の中の人ではない』
ということです。
琉球歌劇保存会30周年記念誌の編集を委託した外部の人だということでした。

『外部の人間による、出演者に対しての権利侵害行為で出演を妨害された。』
ということになるのかも知れません。

一ヶ月間なにもない、と書きましたが、実際には『志情ブログ』上で、関連する投稿はありました。すぐに削除されましたが…。
記事は保存してありますが、「当銘は悪い❗」とだけ言っているようで、何かしら勘違いをしているような内容でした。それで削除したのかも知れませんが…。

いずれにしろ
明日、良い方向に向かうことを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。