清風會一行で久米島公演へ

清風會の皆さんと久米島公演に行ってきました。
初日は高齢者施設への慰問で、民謡と琉舞、
二日目は本公演として改善センターという施設で民謡、琉舞、コント、そして芝居はご当地、久米島情話の上演です。
初日はこちらの施設と


こちらの施設

そして観光も
おなじみ久米島の久米仙

歌にもなった、阿嘉のひじ水の歌碑。久米島情話の物語の中にも出てきますね。

歌碑を前に合唱もしました。

夜はBBQ
あわてて食ったので、食う前の写真はナシ。

という初日でした。
しかし肝心の二日目の公演の画像はナシ。
会場設営、リハーサル、メイク、そして本番も司会に舞踊に芝居と、
忙しすぎて写真も撮れず、ツイッターつぶやく事もできませんでした…
会場いっぱいのお客さん、舞台袖からも拍手や笑い声で「盛り上がってるなあ」というのが分かりました。
特に、予定になかったコントは大ウケ。コメントにもありましたね。
おそらくアドリブであろう、清文先生による上間不動産の歌からの流れで、上間天ぷらの歌。
ロック風サンシンで、
♪上間天ぷら、上間てんぷら、イユてんぷら、いちゃぐぁーてんぷら… ♪
ロン毛のカツラ被ってたし、なかなかハマってたんじゃないかと。
サイコーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。