海洋博プラネタリウム

はいさい、今日はヤンバルまで遠征してきました。
海洋博のプラネタリウムを見るためです。
曇り空の沖縄市を出発し高速へ。
伊芸あたりでちょっと降ったかと思ったら、宜野座辺りでは止んだ様子。
しかし、名護に近づくと雨が… 
だんだんだんだん、どんどんどんどん雨が強くなります。
許田で降りる頃には土砂降り。あいえー、かんなじこんな時に出かけなくてもなあ、いや、こんな時に降らんくてもいいのによー、という感じです。
そう、今日は11月30日。いい肉の日の翌日ですがそれは関係なく、11月末日。
海洋博プラネタリウム、秋バージョンの最終日なんですね。
前から11月中には行こう行こうと思いつつ延び延び、とうとう最終日になってしまってます。
前にブログでも紹介しましたが、このプラネタリウムのナレーションにワタクシも参加しているんですね。
全体のナレーションは富田めぐみさん、途中の民話の部分をワタクシが担当しています。
11月までが秋バージョン、12月からは冬バージョンになります。
明日からなので当然ですがすでに冬バージョンの収録も終了。
しかし自分ではまだ一度も見ていない。
そりゃイカンだろうということで、ギリギリですが秋バージョンを見届けに来たという訳です。
ということで大雨の中、海洋博へ到着。
さすがに平日の雨降り、お客さん少ないです。
水族館方向に歩いて行くと立て看板を発見。見るとプラネタリウムは逆方向です。
これから行く方のために説明しますと、伊江島タッチューがよく見える大きな階段を右に行くと水族館ですが、逆の左側、現在改装中の海洋文化館の隣、というか海洋文化館の一部ってことになってるのかな?とにかくすぐ隣。伊江島タッチュー階段のすぐ左です。
さて、プロネタリウムの建物に到着。
次の上演時間の15分前ぐらいでしょうか、入場料を払って中へ。
これがまた入場料が安いんですよ。たったの170円。安いです。
で、中へ入ると…
まあ外があんな感じですから中も同じようなものでガラガラ。
中国語っぽい言葉を話す方が四、五人。いくらなんでも少なすぎだろ!と思ったら直前に10人ぐらい入ってきました。
まあそれでもガラッガラなんですけどね。

さて、開演。
いや、これはスゴいです。
プラネタリウムは小学校の遠足で久茂地公民館のを見て以来ですが、いやー、スゴい。とにかくスゴい。
昔よりは技術も進んでるんでしょうね。とにかくスゴい。
なんかスゴいスゴいばかりで表現力が無いのがバレバレですが、ホントにスゴいんです。
初めはまさにこの場所、海洋博公園から見える伊江島や周りの海。
それが段々暮れていって、でっかいドームの天井に満天の星が浮かぶんですよ。
迫力あります。
にぬふぁぶし、北極星の説明では「時間を進めてみましょう」とかで全体がビヨーンと回転していくし、キレイなんだこれが。
前に「プラネタリウムつっても結局は光じゃね?」ってちょっとバカにしたような言い方の人がいましたが、見せてあげたいですね。
ナレーションも、標準語とウチナーなまりを織り交ぜて自然にまとめてるんですよね。めぐみさんさすがです。聞きやすいです。
秋の星座とそれにまつわる話を進めていって…
あれ?てんびん座は?俺の星座無いの?秋じゃね?という不満もありつつ…
まあナレーション収録の時に無いのは分かってるんですが。完全にお客さん気分です。
そして民話がはじまります。
民話部分はまあ自分でやってるのでアレですが、でもアニメーションというか絵本みたいなのがイイ感じーで見せてくれて、大したこと無いナレーションを助けてます。良かったです。
とにかく感動しました。
こんなイイもののお手伝いが出来たんだなーと思うと、涙までは出てきませんでしたが、参加できてよかったなーと思いました。
秋バージョンはこれで終了。明日というか来月、12月からは冬バージョンがはじまります。
こちらもまた是非見ないとなーと思います。
皆さんも水族館とか北部行ってついでとかででも是非見てみてください。
170円でこんなに感動できるものも少ないんじゃないかと思います。
ぜひユタシク。
雨の中頑張って行ってよかった。
話はこれでおしまいさ〜
海洋博公園 プラネタリウム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。