民謡の花束 09/09/05

新唄は徳原清文還暦記念CD「旗頭・歌頭」より、佐渡山真紀さんの「母ぬクバ扇(オージ)」。
そしてゲストに金城裕幸さん。芸大OBで昔からよく知っています。花束のお出かけ放送でも地謡としていつもお世話になってます。「旗頭・歌頭」でも笛、ブラなどで参加しています。
さらにゲストが増えて、国立劇場おきなわの伊波さんが9月の公演の全体的なお話。さらに個別に、12日のチコンキー普久原の公演に出演の高宮城実人さん、19日の琉球舞踊の公演の演出、金城裕幸さんがそれぞれ細かくお話してくれました。
次にゲスト入れ替わって、奄美芸能祭に出演の奄美民謡のお三方。薩摩侵攻400年の節目ということで、当時の住民の悲哀を歌った曲を歌ってもらいました。
次は今年の新唄大賞で審査員特別賞を受賞した「足テビチの女」の田所ヨシユキさん。所属の民謡会派の公演に出演するそうです。
フリームニーは国指定重文に団体指定された組踊小道具衣装製作修理技術保存会のご紹介。ゲストの金城裕幸さんはそちらの会長でもあります。執心鐘入から干瀬節を金城裕幸さん、高宮城実人さんに歌ってもらいました。
サーユイユイでも金城、高宮城ご両人とライブ三昧。祝節、セリフ入り丘の一本松など歌ってもらいました。
こんだけゲストがいたのに写真全然撮ってない。スミマセン…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。