椎の川

演劇集団「創造」 第39回公演
沖縄芝居 椎の川

うるま市公演 2017年9月24日(日)
浦添市公演 2017年9月30日(土)

沖縄タイムス創刊70周年プレ企画
劇演 見逃し厳禁 感涙の名作舞台

原作/大城貞俊
脚本/知念正真
演出/幸地良秀
沖縄語訳/又吉英仁

●うるま市公演
2017年9月24日(日)
昼の部 午後2時
夜の部 午後6時30分
うるま市民芸術劇場 響ホール

入場料 <一般>2,500円(当日500円増)
20人以上団体割引 2,000円
高校生以下無料(要電話予約)

●浦添市公演
2017年9月30日(土)
午後1時
浦添市てだこ大ホール
入場料 <一般>2,500円(当日500円増)
高校生以下無料(要電話予約)


出演
花城清長
座喜味米子
当銘由亮
小嶺和佳子
天願雄一
山城亜矢乃
安里彪賀(子役)
根保瑠加(子役)
玉城盛義(うるま市公演のみ)
石川直也(浦添市公演のみ)
伊良波さゆき(うるま市公演のみ)
平良芽美(浦添市公演のみ)
高宮城実人
比嘉雪乃
知花小百合
宮里加代子
古謝渚
天願綾子
上江洲朝男
玉城匠

沖縄芝居「椎の川」
あらすじ 「ヤンバル」と呼ばれる本島北部の地。 椎の木が密生する奥深い山々が連なっている。この山々を背に海岸線に沿って、小さな村が点在する。この村で松堂家の人々は、貧しいながらもお互いをいたわり合い、和やかに暮らしている。源助、タエの老夫婦を始め、源太、静江の若夫婦、その弟、妹の辰吉、梅子、子供の太一、美代という三世代同居の家族である。ヤンバルののどかな山村はゆいまーるの精神に支えられ、思いやりに満ちていた。
そんな日々に、静江が「ハンセン病」 を患う。当時、「ハンセン病」は、「恐 るべき伝染病」として、国によって、誤って宣伝されており、村人たちもその病にたいする偏見や無知から恐怖にさらされ、静江や松堂家の人々に冷たく接するようになる。そして、やがて、静 江を村から追放し、隔離することを強要する。しかし、夫の源太を始め、家族の皆は力を合わせ、静江をかばい合って生きて行く。静江は身寵っていた三番目の子供幸子を出産、松堂家は歓喜に包まれる。 だが、静江は、これ以上家族に迷惑はかけられないと、死を決意する。しかし、源太の必死の説得に思いとどまる。源太は静江の病気を治すため、静江を背負って、隣村の診療所に通う。 しかし、時代の波は情け容赦なく、小さな村にも襲いかかってくる。源太を始め、村の若者たちに召集令状がきて、 出征していく。静江にとっては、唯一の支えであった夫が戦争にとられてしまった以上、家族に甘えてはいられない。彼女は家を出て、離れ家に移ることにした。伊江島に召集された源太は、 あえなく戦死するが、梅子から源太の 死を知らされた静江は働突し、死出の旅立ちを決意する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。