棒しばり

琉狂言と本土狂言の世界
棒しばり
狂言の楽しみ
平成23年8月21日 日曜日
開演 2:00(1:30 開場)
国立劇場おきなわ 小劇場
前売券/3,000円(当日/3,500円)


解説:大蔵千太郎(大蔵流狂言師)・崎原綾乃(琉球文学)
コーディネーター:高江洲義寛(作曲家)・嘉数道彦(組踊立方)
狂言は能と並んで、日本の伝統芸能を代表する古典である。
琉球王朝時代から、沖縄にも「琉狂言」が100組程あったと見られ、今日150年以上も復活上演されていない演目がある。
今回は、本土と沖縄の「棒しばり」の実演を通して、それぞれの芸能文化の違いを学び楽しみたい。又、第2部のワークショップでは、本土と沖縄の両演者による交流も試みたい。
出演
大蔵基誠
大蔵千太郎
大蔵教義
北村三郎
当銘由亮
知名剛史
高宮城実人
主催:朝薫記念・平成組踊塾
お問い合わせ:090-4570-7549(高江洲)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。