伊良波冴子母の日公演

伊良波尹吉 生誕130年記念
伊良波冴子母の日公演
名作歌劇 奥山の牡丹 前・後編
2016年5月8日(日)
昼2時 / 夜6時  2回公演
那覇市民会館 大ホール


チケット
前売券 3,000円 当日券 3,500円
プレイガイド:コープあぷれ リウボウ 佐辺昆布専門店 金城鮮魚店
出 演
平良 進
仲嶺 眞永
真栄田文子
赤嶺 啓子
当銘 由亮
大湾 三瑠
佐辺 良和
嘉数 道彦
知念 亜希
金城 真次
天願 雄一
小嶺和佳子
知花小百合
照屋 正江
神谷三千代
川満 香多
玉城 匠
伊藝 武士
伊良波輝人
伊良波冴子
地 謡
新垣 俊道
玉城 和樹
舞台美術
新城 栄徳

名作歌劇「奥山の牡丹」
作 ・ 伊良波尹吉
演出・伊良波冴子
あらすじ
首里の平良殿内の嫡子三良は、首里安仁屋村の勢頭の娘チラーと恋仲となり、男の子をもうける。一方、平良殿内の妾と総聞の計画によって、三良と母は小湾浜で殺されそうになるが、母子をひそかに見守っていたチラーに助けられる。チラーは仲間を引き連れ、京太郎の芸を演じて平良殿内に入り、妾や総聞の企みをあばき、長刀で妾を斬り殺す。自身の身分を恥じたチラーは、生まれた男の子を三良に渡して身を引く。
十八年後、立派に成長した山戸が、国家試験に合格した。山戸は、父から出生の秘密を聞き、母をたずねて一人旅立つ…。
配 役
チラー(前編)・・小嶺和佳子(昼)
知花小百合(夜)
チラー(後編)・・伊良波冴子
平良の三良・・・佐辺良和
三良の父・・・・平良進
三良の母・・・・真栄田文子
妾・・・・・・・赤嶺啓子
総聞・・・・・・大湾三瑠
郎党・・・・・・玉城匠
伊藝武士
馬舞者・・・・・天願雄一
川満香多
京太郎・・・・・照屋正江
神谷三千代
知花小百合(昼)
小嶺和佳子(夜)
神・・・・・・・知念亜希
勢頭の頭・・・・仲嶺眞永
高良の父・・・・当銘由亮
真玉津・・・・・知念亜希
乳母・・・・・・嘉数道彦
山戸・・・・・・金城真次

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。