めづらしきが花

平成27年度沖縄県伝統芸能公演
かりゆし芸能公演
めづらしきが花
野村流音楽協会
日時:2015年6月19日(金) 19:00開演 (開場 18:30)
場所:国立劇場おきなわ 小劇場

料金:一般2,000円(当日2,500円)小中高生1,000円(当日1,500円)
※未就学児は無料。但し、膝上での鑑賞となります。
プレイガイド/国立劇場おきなわチケットカウンター�098-871-3350
コープあぷれ(あっぷるタウン内)�098-941-8000
リウボウ(パレットくもじ)�098-867-1171
キャンパスレコード�098-932-3801
主催:公益財団法人沖縄県文化振興会
共催:沖縄県 公益財団法人国立劇場おきなわ運営財団


プログラム
古典音楽斉唱 天川節・仲順節
琉球講談 宜湾親方 講談・当銘由亮 歌三線・伊禮彰宏
古典音楽独唱 仲風節 仲田知広 / 世渡節 與那覇徹
舞踊 むんじゅるー 立方・嘉陽田朝裕
舞踊 高平良万歳 立方・伊藝武士
舞踊 汀間とぅー 立方・古謝弘子

出演者
【独唱】 仲田知広 與那覇徹   【講談地謡】 歌三線・伊禮彰宏 箏・前田さやか
【舞踊地謡】 山内真貴子 仲大千咲 比嘉いつみ 比嘉剛 饒波尚樹 福原敬 仲宗根朝儀 伊禮剛 知念勝三
【箏】 大城裕里加 平利恵子 米須弥生 外間己乃 糸数成美 伊志嶺香織
【笛】 上原政市 伊禮まき子  【胡弓】 伊禮薫  【太鼓】 與那覇敦子
【舞踊】 古謝弘子 嘉陽田朝裕 伊藝武士   【講談】 当銘由亮
監修・神田米三   演目解説・松川治美


琉球講談 宜湾親方(じわんうぇーかた)

琉球講談「宜湾親方」 作・平良良勝
琉球処分を巡り混乱の琉球王国。親中国派・支那党の亀川親方と親日本派・大和党の宜湾親方の対立の陰で翻弄される若者たち。
散山節、述懐節など琉球古典音楽の名曲を織り込んだ琉球講談の傑作を平良良勝、幸地亀千代両氏の名演の音源を元に、野村流音楽協会会長神田米三の監修で上演いたします。
弁士:当銘由亮
地謡:歌三線・伊禮彰宏 箏・前田さやか
監修:神田米三
りゅうきゅうしょぶん【琉球処分】
沖縄の廃藩置県のこと。明治政府は王国体制のまま存続しつづける琉球の処遇について画策し、1872年(明治5)9月、琉球王国をひとまず〈琉球藩〉とし外務省の管轄とした。つづいて〈琉球藩〉を廃して〈沖縄県〉を設置しようとしたが、琉球側の執拗な抵抗と琉球に対して宗主権を主張する中国(清朝)の強い抗議にあい、容易に意図を実現することができなかった。74年、明治政府は先に台湾に漂着して殺害された琉球人に対する報復措置を名目に台湾出兵を行い、琉球が自国の版図であることを中国側に示した。
世界大百科事典 第2版より


古典音楽独唱

仲風節 歌三線・仲田知広  箏伴奏・糸数成美
世渡節 歌三線・與那覇徹  箏伴奏・米須弥生


舞踊:むんじゅるー
嘉陽田朝裕

舞踊:高平良万歳
伊藝武士

舞踊:なーくにー・汀間とぅー
古謝弘子

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。