黒島王物語

いつ:
2020年9月17日 @ 14:00 – 2020年9月19日 @ 16:30
2020-09-17T14:00:00+09:00
2020-09-19T16:30:00+09:00
どこで:
国立劇場おきなわ
日本、〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客4丁目14−1
料金:
一般2,100円 団体1,600円 高校生以下1,000円
連絡先:
国立劇場おきなわ
098-871-3311

国立劇場おきなわ
沖縄芝居観賞教室

2020/09/17・18・19
開演時間:14:00

9月17日(木)、18日(金)の平日公演は、学校団体を対象としているため、現時点での一般発売の予定はございません。

沖縄芝居鑑賞教室をご観劇希望のお客様は、大変申し訳ございませんが、9月19日(土)公演をお買い求めください。

 

雑踊「鳩間節」
歌劇「泊阿嘉~泊高橋の場~」
喜劇「亀さんよ」

「黒島王物語」

第一部では、舞踊や喜劇・歌劇の上演に加え、沖縄芝居の歴史や鑑賞のポイントをご紹介します。第二部では、渡嘉敷守良作の「黒島王物語」を上演します。初めて鑑賞される方にも沖縄芝居を親しみやすく感じていただけるような見やすい作品です。沖縄芝居の魅力を存分にお楽しみ下さい。

 

-演目-

 

【第一部】
沖縄芝居の楽しみ方
(案内役)嘉数道彦

雑踊「鳩間節」
比嘉大志 山城崚称 川満香多

歌劇「泊阿嘉~泊高橋の場~」
【配役】
樽金 上原崇弘
乳母 座喜味米子

喜劇「亀さんよ」
【配役】
亀さん 玉城匠
友人  金城真次
山田  伊藝武士
その妻 知念亜希
ツル子 髙宮城実人

【第二部】
「黒島王物語」
作  渡嘉敷守良
演出 髙宮城実人

【あらすじ】
黒島王の一人娘、真乙金の婿取りをめぐり、三兄弟が競い合う物語です。黒島王は、「この世にまたとない宝を探してきた者を、婿として迎える」と三兄弟と約束します。宝を求め旅立った三人は、それぞれ珍しい品を見つけるのですが、その頃、城内では真乙金が不治の病に侵されていました…
うちなー版かぐや姫とも言われ、舞踊ありアクションありの痛快時代劇です。

【配役】
黒島王    当銘由亮
真乙金    知念亜希
侍女     座喜味米子
長男・虎寿金 上原崇弘
次男・金松  比嘉大志
三男・百千代 山城崚称
毛雲     川満香多
臣下     金城真次 玉城匠 伊藝武士 比嘉克之

【地謡】
(歌三線)花城英樹 平良大
(箏)  比嘉千咲
(笛)  大城建大郎
(太鼓) 久志大樹

※演目・出演者等は変更となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。